土地建物をお持ちの所有者様へ

2022年の生産緑地問題

生産緑地は指定から30年経過したとき、あるいは所有者が死亡または農業従事できなくなった場合に、所有者は市町村に対し買い取りの申出を行うことができ、市町村は特別な事情がない限り、時価で買い取らなければならないと定められています。しかし、主に財政負担が難しいという事情から、これまでに申出を受けて市町村が買い取るケースはほとんどありません。

 

1992年に最初の指定を受けて30年が経過する2022年以降、一斉に買い取りの申出が行われた場合、同様の理由で大部分が買い取られず、その結果、生産緑地の指定が解除されて宅地化が進む可能性が非常に高いと考えられています。

そうすると、どういうことが起こるのでしょうか?現行の法律のままですと、生産緑地指定から30年経過後の2022年に、もう農業を続けることが厳しいと判断した土地所有者(2011年時点の生産緑地の農業従事者年齢データによると、65歳以上が45%。つまり2022年には農業従事者全体がより一層高齢化していますから、相続のことも踏まえて土地活用の検討をするでしょう)たちが、一気に土地を手放す可能性があります。

現在、東京都だけでも約3,300ヘクタール(坪数にして何と1,000万坪)もの生産緑地が指定されています。もし仮にそのうちの20%(200万坪)でも、一気に市場に出たらどうなるのでしょう?その時は、土地の地価は大きく下落し、生産緑地だけに限らず周辺の土地も含め、思っているような価格での土地の資金化(売却)や有効活用の検討が難しい状況になりえるかもしれません。

賃貸物件の空室問題

小子高齢化が進行している昨今、ご高齢ゆえに転居できない、新たに入居する先がないと、お困りな高齢者の方が増加しています・・・。

弊社では、そのように行少き場に困っている高齢者の方々のために、新たな転居先をご提供できないだろうかと考えております。

また、大家様におかれましても、入居者が増えないことへの不安や悩みを抱えている方が多いかと思います。

 行き場のない困り果てた高齢者を救いたい。

そして、大家様の切実な悩みも解決していただきたい。

その双方の思いを、弊社が解決致します!!